クレジットカードの現金化は仮想通貨を利用しても現金化できます。

ただ、これは従来の方法とは異なり手法としても新しいためコツがいります。

しかしうまく行えば換金率を100%以上にすることもできるので実は注目の方法でもあるのです。

今回、このクレジットカード現金化を仮想通貨で行う方法やメリット、注意点をお話しし、どんな仮想通貨が現金化に向いているのかということについてお話ししていきます。

どのように仮想通貨をクレジットカード現金化するのか

仮想通貨をクレジットカードの現金化に使う方法は簡単に説明すると仮想通貨をクレジットカードで買って、それを日本円に換金するということです。

一言でいうとたったこれだけなのですが、補足で説明を行うとまず、仮想通貨の取引所に登録(ビットフライヤーやコインチェックなど国内の取引所が安心)、そしてクレジットカードで仮想通貨を買い、それを現金で売却するというものです。

仮想通貨を買うまでは簡単ですが、売却はいくつか方法があり、個人に売る方法、取引所で日本円にする方法、そして換金サービスを利用する方法です。

これらは一長一短あり、これらの一長一短を利用することで有効的に現金化することができるのです。

個人に売る場合はこちらの言い値に応じてくれたら買ってくれるという長所がある一方、売り手を探すという手間がある短所と言ったような感じです。

このようなものは次のメリットや注意点でお話しします。

仮想通貨を現金化の手段として利用するメリット

仮想通貨を利用するメリットですが、相場があるので上がった相場の時に買い取って貰えば換金率が100%を超える可能性があるということです。

現金化は基本的に手数料が引かれ100%はまず不可能なのですが、自分で行う仮想通貨の現金化はそういった手数料がないうえ、相場に応じて現金化すればお金が増えるのです。

これが一番のメリットと言えます。

ただ、換金サービスと言った換金をスピーディーに行う業者に依頼するとどうしても通常の現金化と変わらなくなってしまうという弱点はあります。

仮想通貨を現金化する際の注意点

仮想通貨を現金化する注意点は相場が動くため、換金率が非常に下がる可能性があるということです。

通常の外貨などとは異なり仮想通貨は非常に値動きが激しいのが特徴です。

そのため換金率が一気に下がるというリスクも抱えています。

また、取引所での換金の場合クレジットカードで購入した仮想通貨は1週間日本円にできない(送金できない)というデメリットがあり、即日現金化できないというデメリットがあります。

このように今までの現金化に比べて手間がかかる上時間もかかるという点に注意が必要です。

どのような仮想通貨が現金化に向いているのか

現金化に向いているのは現状ビットコインが一番です。

なぜなら流通量も多いため換金に応じてくれる人も多く、現金化するのに適していますし、取引所も基本的にほぼすべての場所で対応しているので、とりあえずビットコインというように気軽に購入できるという点もおすすめする理由です。

仮想通貨はビットコインに限らず今も世界のどこかで開発され公開されています。

現実に流通している通貨の種類をゆうに超える種類があります。

しかしほとんどは取り扱いが珍しいか公開されてすぐに価値がなくなってしまうものばかりなので、そういった意味で比較的相場が安定し、流通量も多いビットコインはオススメの仮想通貨なのです。

まとめ

仮想通貨を利用したクレジットカードの現金化ですが、自分で行うという手間や時間が非常にかかりまだまだ発展途上の現金化と言えます。

しかし、換金率が100%を超えるかもしれないという可能性や自分でできる自由度を思えば十分魅力的な現金化になりうるものではないでしょうか。