クレジットカード現金化は助かる方法だけれども、しかし騙されてしまい更に苦しい思いをする可能性もある方法なんです。

特に注意しなければいけないのが悪徳業者で、実際にカード利用されたけれどもお金を支払ってもらえなかった人が結構います。

実はその業者が悪徳なのかそれとも優良なのかは、いくつかのポイントをみることによって見極めが可能です。

そこでどうすると見極められるのかをご紹介します。

換金率をみてみよう

実は悪徳業者の特徴として、ありえない換金率を提示しています。

どんな商売でも利益を得ることができなければ商売が成り立ちませんよね。

換金する業者も当然で、利益を得なければいけないのですが、ただ、どんな換金率でも利を得て商売が成り立つわけではないんです。

人件費や光熱費など様々な出費がありますので、本当にしっかりしているところだと、少額利用で90%以上はありえないんです。

20万円や30万円利用で90%以上と言っているのであれば、相当怪しい業者になるので利用は控えることがおすすめですね。

手数料に関して何も話さないのはとても危険

現金化をしてくれる業者によって手数料が必要になったり無料になったりとそれぞれ違います。

悪徳業者の中には、手数料としてお金を多めに取ろうとしているところがあって、実際に振り込まれる金額が5万円や10万円少なくなってしまうんです。

このような悪徳業者で多い特徴となるのが、手数料に関して一切説明をしません。

やばい業者の中には手数料が必要ですというところもあるんですが、しかしどれぐらい必要なのかははっきり答えてくれません。

手数料に関してしっかり聞くことでそこがヤバイところなのか、それとも大丈夫なところなのかの判断材料となりますので、お願いする前にしっかり聞くようにしましょう。

好条件なプランを提示してくる

振り込まない業者を見極めるのは完璧にはできません。

ですがとても怪しく利用してはいけない見極めポイントがあるんです。

その見極めポイントとなるのが、好条件なプランを提示してくるところです。

クレジットカード現金化は少額利用になればなるほど換金率は低くなり、損している気分になってしまいますよね。

そこで悪徳業者では、即金ではなく数日待ってくれれば換金率を高くしますよというお得なプランを提示してくることがあるんです。

80%の換金率から90%以上の換金率になれば利用する側にとって嬉しいことですが、しかしこれが大きな落とし穴です。

振り込まない業者は、完全な詐欺になるため長く続けることができません。

捕まらないようにするためにも逃げる必要があり、通報されるまでの時間をできるだけ引き伸ばす必要があるんです。

換金する業者は先延ばししたところでお金が増えて換金率が高められる要素は一つもないので、先延ばしするプラン提示するところは非常に危険だと言えるんです。

そんな提案をされたら危険だと判断してお願いするのはやめましょう。

サイトの会社情報をチェックしよう

見極めの大事なポイントの一つとして、会社情報がどうなっているのかです。

悪徳業者は、会社情報をサイトで記載していなかったり、記載されていたとしてもデタラメなんです。

情報がなければそこは危険だと判断できますし、記載しているのならマップやネット検索で調べてみると実在しているところなのかどうかがわかります。

騙されないようにするためにもネットから情報を得るようにすることが一番です。

まとめ

クレジットカード現金化の悪徳業者は、基本魅力的なことばかり言ったり大事なところが抜けていたりと見極めポイントが必ずあります。

利用検討している人は、まず悪徳業者の見極めポイントに該当しないところを見つけるようにしましょう。

そしてできるだけ被害を少なくするためにも、最初の利用は少額にしていく子がおすすめです。