正しい洗顔でお肌本来のバリア機能を守る

どんなに高価な美容液を使っても、お肌に余分なものが残っていたら、効果は半減してしまいます。
ですから正しい洗顔を行って、清潔なお肌に保つことがスキンケアの基本となります。
では、「正しい洗顔」とはどんなものでしょうか?
それは、メイクやホコリ、過剰な皮脂などの汚れはしっかりと落としながらも、必要な皮脂や角質層の細胞間脂質などのお肌のバリア機能は残す洗顔です。
皮脂は多すぎると、ニキビや酸化による黒ずみを引き起こします。
しかし、お肌の潤いをキープするためにはある程度の皮脂も必要です。
ですから、適切な洗浄力の洗顔石鹸を使わなければなりません。
さらに皮脂と細胞間脂質はお肌を乾燥や刺激から守ってくれています。
このお肌がもともと持っている天然保湿成分が、お肌のバリアの役目をしてくれます。
天然のバリアのお陰で、紫外線や乾燥などの外部の刺激から、お肌が守られています。
このバリアは壊れてしまうと修復までに時間がかかり、使い慣れた化粧品もピリピリと感じるようになってしまいます。
お肌本来の力を守るような洗顔石鹸を選んで、憧れのみずみずしいお肌をゲットしましょう。